2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.11.01 (Sun)

告知

コメントの方法について。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.24 (Thu)

復旧。。。

パソコン(デスクトップ)復旧させた。
さて。
セーフモードも起動せず、前回起動時の最新の設定でも起動しないとか。。。
次のファイルが壊れているため、windowsを起動できませんでした。
C:\WINDOWS\system32\config\SYSTEM

そういうときは、回復コンソール使おう。

インストールCDを入れて。
回復コンソールに入ります。最初の青画面で、「r」を押して入る。
インストールしたwindowsを選択(普通は1つだから、1)してenter。

ここで。
C:\WINDOWS>のあとに「cd system32\config」と押して、作業ディレクトリを変えます。
C:\WINDOWS\system32\config>となるので、そのあとに「ren SYSTEM SYSTEM.bak」と入力してやるのです。
すなわち、「SYSTEM」というファイルを「SYSTEM.bak」という名前に変えるのです。
続いて、
C:\WINDOWS\system32\config>のあとに「copy C:\WINDOWS\repair\SYSTEM ./」と入力します。
すなわち、「C:\WINDOWS\repairフォルダにあるSYSTEMというファイルをC:\WINDOWS\system32\configフォルダにコピーする」という意味です。repairフォルダに入ってるのは、デフォルトのsystemです。
さて、これで復旧は完了です。
exitで回復コンソールを終了させておしまいです。

ただし、ここにはひとつ大きな穴が。
実はSYSTEMというファイルは、レジストリファイルなんですが。
repairにあるのは、デフォルト、windowsインストール直後の何もはいってない状態のレジストリなのです。
なので、ドライバのインストールとかの情報がすべて消えます。
orz
残念すぎる。

というわけで、ルートドライブにある「system volume information」というフォルダ。
やつの中に、(具体的には、中にあるフォルダの中にあるsnapshotフォルダ)前回正しく起動したときのレジストリのバックアップがあるのです。それを適当なフォルダにコピーして、もう一度回復コンソールに入って、SYSTEMというファイルに上書きすれば、元通りになります。
あとは、もう一度、SYSTEM.bakをSYSTEMに上書きしても直ることがあります。

おk。
ついついリナックスのコマンドを打っちゃうのだよね、仕方ないね。
15:38  |  diary  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

cd system32config

ノ意味がわかるのがうれしいww

夏はLinuxをメインのOSにしたPCを作ろうと検討中w
孝之。 |  2008.07.24(木) 21:49 |  URL |  【コメント編集】

>>孝之。さん
おおw すばらしいw
Linuxをインストールすると、コマンドラインのすばらしさがわかるはずですよww
がんばってくださいーw
ふゆつきあおい |  2008.07.24(木) 23:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iceuecmizuki.blog67.fc2.com/tb.php/434-03506ce2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。